人気ブログランキング | 話題のタグを見る

www.taisax.com


by tai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ギターリスト清野拓巳

 今日自分の好きなミュージシャンについて書いてみようと思う。
関西在住のギターリストでジャズを中心にギターでできる音楽をいろいろと演奏している清野拓巳くんだ。アコースティックギターからエレクトリックギターまで弾きこなす。エフェクターも使い独自のギターワールドを作り上げている。
 彼の演奏する音楽は素晴らしい。その素晴らしさは彼の音楽への誠実な姿勢に現れている。常に自然体で演奏に向かい彼の音楽を求める渇望の激しさに人間臭さも感じる。
 彼の音楽を思うと”心と場”というキーワードがおもい浮かぶ。
共演していて彼は自身の中で自己表現への渇望と相手への優しさという2つの異なる心の状態の間で揺れているように感じる。ゆったりと 激しさをもともなって。きっと演奏者は少なからず持ち合わせている気持ちだと思うが,彼の場合その揺れの中で出てくる音、全体の音楽が素晴らしい。それは心の中のそのふり幅を自分で理解しそこで生まれてくるものを生産的に演奏できているということ。そこにリアルな音楽が立ち現れることを知っていてその場に立つことを選んでいると思う。
 もう一つは、場の共有ということ。彼と話をしていて印象深くのこった言葉です。場のエネルギー=場所、お客さん、店員さん、演奏家、時 を共有することから生まれるもの を大切にしている。一期一会。彼と演奏していていい音楽が現れる瞬間の不思議さはそんなところから生まれてくるのではないかと思う。
 どこまでもピュアーでしたたかさを持って音楽を追究する清野拓巳くん。彼の求めている音楽はトテツモなく優しくて強い音楽なのではないだろうか。

 さてさて10月、関西方面で数日間彼と演奏ができる。幸運にも。
# by taimusic | 2011-09-07 22:30 | 日記
先日8月4日渋谷Bar Issheeにて菊地雅晃くんの「Interference(干渉)」のライブがあった。
前回ゲストで参加し今回からメンバーとして参加。このバンドは、完全即興の演奏をする。
 つわもの揃いのバンドである。
菊地雅晃(b, electronics)津上研太(s)横川理彦(vln, electronics)かみむら泰一(s)

 ジャズは長く演奏しているが即興演奏するようになってから10年くらいだろうか?始まりはサックスの響きを活かした演奏をしたくてソロ演奏からはじめた。それから様々な人と共演を重ねてきた。
 即興演奏への意識も時間が経つ中で変化し徐々に実態が現れてきたように思う。自分の音感覚=響きの空間を感じて演奏するというわたしの基本的なスタンスは変わっていない。人の音の感覚は様々でそれぞれの人の音の感じ方、理解、音の意味などは微妙に(〜大きく)違う。集団即興の場合それぞれが音を解釈し音楽としての表現行為に挑む。それぞれの生きようとする行動の表れのような気がする。自分の音感覚を表現する。それは自分と音の関係が成立していないとどこかに行ってしまう(少なからず)。集団即興は個と社会の関係においての問題がそこにたち現れる。また違うベクトルで全体として生み出されている”音楽”がある。奏者は全体の流れを捉える。流れは様々に変化する。今は自分にとって集団即興の場合その両者が平行して進んでいっている。

 関係性、干渉、音楽表現、成立するためのドローイング。社会的に成立することと個人の中で成立すること。両者の関係を思考する。

次回Interference(干渉)は
9.16Fri.20:00-@渋谷Bar Isshee
「Interference(干渉)」
菊地雅晃(b, electronics)津上研太(s)横川理彦(vln, electronics)かみむら泰一(s)
"Interference"/Masaaki Kikuchi(b, electronics)Kenta Tsugami(s)
Tadahiko Yokogawa(vln, electronics)Taiichi Kamimura(s)
投げ銭(終演後:別途バーチャージ500円+ドリンク代)
# by taimusic | 2011-08-06 00:39 | 音楽
 7月16、17、18日と3日間があっという間にすぎました。

 昨年の春に初めて共演してから、今回で2回目の共演になります。今回のライブは今年のはじめに企画をしていまして、まさかこのような震災が起こるとは思ってもみませんでした。これは来日は無理かなと思いながらクリスさんに問い合わせてみたところ、ぜひこのような時だからこそ日本に応援に来たいと言ってくれて、クリスさんのとても熱い気持ちを感じました。とはいえ原発は完全に終息したわけではなく、ぎりぎりまで何かあったらキャンセルしようと思っていました。幸運にも事態が悪化することなくライブの当日を迎えることができました。
 ライブでは前回同様に私の曲とクリスさんの曲を演奏しました。初日は入谷のなってるハウスにてクリスさん、ベースの是安さんとドラムの橋本学くんの4人で演奏しました。普段より1時間早くお店を開けてもらい5時に待ち合わせ。久しぶりの再会でしばし店前で立ち話をしながら再会を喜び合いました。考えておいた選曲のリスト順にリハーサルを行 いました。演奏は、熱い演奏になりました。クリスさんは相変わらず素晴らしいタッチのピアノで様々な引き出しからアイデアが出てくるしよく歌う。是安さんは6月中海外ツアーに出ていて、リフレッシュした新しい感覚を感じた。相変わらずのディープな低音で素晴らしい音楽を表現していました。橋本くんとは、3ヶ月ぶりだろうか?今や超売れっ子ドラマーになり成長著しい。3ヶ月前とは別人、音がとにかく音楽的で、独自のスタイルに磨きをかけていました。来月久しぶりのオチコチでの共演が楽しみです。なってるハウスのライブは連休もあってかお客さんも入り盛況の中初日を終えることができました。

 2日目からは、ドラムが代わり芳垣さんに。クリスさんとの演奏に芳垣さんのイメージがあったので今回は後半の2日間演奏してもらうことにしました。2日目は、横浜エアジン。芳垣さんとクリスさんは初対面で芳垣さんがスイスに何度か演奏にいっているので、自然にスイスの話題へ。
 選曲は初日の手応えをもとに少し修正をして、リハーサルをおこないました。4人の音はイメージした音でした。本番、望んでいた音とはいえ重鎮のリズムセクションと洗練されたクリスさんのピアノはとても厚く想像していたよりもエネルギッシュで、2ステージを終えてアンコールを演奏する頃には、自分の体力の限界を感じるまでにいたりました・・。2日目エアジンは満員御礼、盛況の中ライブを終了。
 3日目は、久しぶりの新宿ピットイン夜の部での演奏で、気合いが入りました。
 前日の演奏もあり6時入りで、リハーサルはほとんどサウンドチェックのみでした。前日のことを踏まえ、また自分の考えを整理して、再度選曲し直しました。インプロビゼーション主体の選曲に。
 本番前に、クリスさんが博多のお土産に、明太子センベーを持ってきてくれました。そしたらなんと芳垣さんは、知人から同じお土産をもらっていて、今家にあるとのこと。こんな偶然もあるんだなあ〜。

1st
My Home by taiichi kamimura
Action & Talk by taiichi kamimura
Shonyata by Chris Weisendanger
Kioka by taiichi kamimura
秋の歌    by taiichi kamimura

2nd
Hama-misa by taiichi kamimura
Bref Hope by Chris Weisendanger
つまりまする by taiichi kamimura
Ballard by Chris Weisendanger

 音が立ち現れる感覚を、常に感じながら音楽が進んでいく方向にどん欲についていく。
昨日とはちがう新たな創造の世界 濃密な時間を過ごすことができました。

 ピットインも盛況の中無事終了。3日間ビックリするぐらいお客さんに恵まれ、素晴らしいライブハウスで素晴らしいミュージシャンと共に音楽を演奏できたこと、心より感謝です。

 ご来場くださいました皆様、ライブハウスのスタッフの皆様、メンバーの皆様(是安さん、橋本くん、芳垣さん、クリスさん&ソノエさん)ありがとうございました。

 さて素晴らしいライブが続きます。21日は、横浜上町63にてベースの是安則克さんとチェロのmori-shigeさんと3人でインプロビゼーションの演奏をします。
 モリシゲさんとは、荻窪にグッドマンがあったころに対バンでお会いしたのがきっかけで、何度か共演させていただいたことがありました。ここ数年共演の機会がなく久しぶりの演奏です。このメンバーでは、初めての共演です。
上町63 20時~ 2ステージ
横浜市中区相生町5-95 トラストワンビルB1F
\3,300 / reservation\3,000 
045(662)7322

 来月は、久しぶりの「オチコチ」(是安さん、橋本くん)が3日間あります。かみむら泰一トリオ(是安さん、芳垣さん)のライブもあります。最近縄文文化に影響されて作った新曲を演奏しようと思っています。ぜひよろしくお願いします。
# by taimusic | 2011-07-21 04:19 | ライブ
 ミドリトモヒデ(as)是安則克(b)楠本卓司(ds) 素晴らしい演奏でした。

ミドリさんのアルトサックス、柔らかさをベースにフリージャズとインプロバイズの要素が織り交ざった演奏は、以前聞いて知っているミドリさんの浮遊感のある演奏とは違っていて驚きでした。ミドリさんはフリージャズがベースにあるな!とさっする。またそこから独自の音楽へ突き進んでいらっしゃる。恐るべし脱力アルトサックス奏者です。長年共演をともにしている楠本さんと是安さんの2人のリズムはとてもすばらしいかった!!楠本さんとは初共演させていただきました。そのストレートな音色とリズム、深い所で土着なうねり+ねばりがある感じは、今まで聞いたことがないフィーリングでとても魅力のあるリズムでした。2人の出すリズムは揺れるとうねりの降り幅をもち、その中間を真っすぐに進んでいく推進力あるリズムで共演した感じは、はじめフリージャズを演奏しているような感がうけるが、フリージャズとは違ったものをすぐ感じた。自分にとってフリージャズとは、自己主張をぶつけ合うことがはじめにあると考えている。自己の音楽はあるが平行してそれぞれの音楽(音)が成立できる状態をそれぞれがそれぞれの範囲で認めている感じだろうか?リズムは力強く進んでいく、突き放されたかのように。されど自分の演奏したいことを演奏できる自由はある感じだ。とにかく簡単な音楽ではない。試行錯誤の中で答えをつかんだ先人(先輩)からまたジャズの奥深さを感じた。簡単ではないが面白い音楽。

 また時をおってぜひ演奏したい

オーネット&ミドリ&タイチ

かみむら泰一(ts&ss)ミドリトモヒデ(as)是安則克(b)楠本卓司(ds)

26日(木)新宿昼ピットイン かみむら泰一セッションです。

久しぶりにギターの市野元彦くんと演奏します。
ベースの是安さんとともにオリジナル、インプロを演奏予定です。

5.26thu.14:30-@新宿 Pit Inn
かみむら泰一(ts&ss)セッション
w/是安則克(b)市野元彦(g)
新宿区新宿2-12-4アコード新宿B1

¥1300(1DRINK)
03-3354-2024
# by taimusic | 2011-05-24 13:50 | ライブ
 明日(2日)は横浜関内にある上町63にて
久しぶりにドラムの芳垣安洋さんとベースの是安さんと3人で演奏します。

3者3要の音,音と音が向き合い、場をシェアーし重なりはじけます。

 すばらしいメンバーと新曲を含めてオリジナルを演奏します。


5.2Mon.20:00 かみむら泰一Trio
かみむら泰一(ts&ss)是安則克(b)芳垣安洋(ds)

横浜市中区相生町5-95 トラストワンビルB1F
¥3,300 / reservation¥3,000
045(662)7322
# by taimusic | 2011-05-01 15:13 | ライブ