人気ブログランキング | 話題のタグを見る

www.taisax.com


by tai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

3日間がすぎる

 2012年3月のライブが終わった。

 橋本くんとのDuo
市野くんとつのだ健くんとの演奏
今日はオチコチ、佐藤えりかさんをむかえて。

 昨年の2011年3月11日の東日本大震災から1年がたったばかりの今日のこと

大切なもの 過ぎ去ってしまわないように 心に留めよう
心の表面では感じられない 大事なもの
心の表面はとかく生きるために消費されがち  

鈍感さを背負いながらも しょうがない 生きる

今を生きている よし

ー空中 駆ける言葉と音たちを のこすー
 
 幸運 好きな人が多いこと ラッキーちゃん(キャラ)
 非力 よし
 生  そう
 思い うん
 前  ツーーゥ
 食  うまし
 音  響き
 楽  喜び
 想像 力
 つながる 見えない力
 歌  こころ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ばらばらなようで それを全体として受けとめることができる心

 笑えないほどのアホらしさを抱えて 今日も生きる

 生かされていること 感謝!!

 もう一踏ん張り もっといい音楽を演奏スルぞい


 

 
 
# by taimusic | 2012-03-15 02:55 | 日記

今日はよい日でした

昼より来週(日)池ノ上GariGariのイベントでのノイズDave skipperくんとリハーサル。ノイズとサックスの音空間。
夕方より代官山へ版画工房エディションワークスの展覧会へ池内晶子の版画の作品が展示してある。他の作家の作品も見応えあり。展覧会後近くにできたツタヤに立ち寄る。立派な建物で本屋、CD、ビデオ、カフェの総合ビル。面白い。その後代々木八幡で開催しているSachiko Mさんの展覧会へ。シンプルな空間に写真やカーテンなどのインスタレーション、その一角(一部屋)に4つのCDプレーヤーを設置、Sachiko Mさんが制作したサイン波のCDがミニヘッドフォンから微音で室内に響く。Sachikoさんの音の空間、表現、素晴らしかった。帰りに高円寺のラーメン屋YORU NO TABI BASARAに立ち寄る。以前から気になっていて何度となく立ち寄るがしまっていたお店、5年越しで来店。無化学調味料のラーメンで優しいがしっかりした味で美味しい。

 さて明日はレッスンとジャズ妍。
今週末は初出演となる国立No Trunksにてオチコチ meets 早川岳晴です。
開場7時、開演7時半2部は9時頃から 投げ銭
042-576-6268

 早川さんをむかえてのオチコチ演奏、ただ今思案中・・

早川岳晴(b)
生活向上委員会オーケストラ、ドクトル梅津バンド(D.U.B.)、イースタシア・オーケストラ、片山広明バンド、コクシネル、JOHN ZORN ユニット、梅津和時KIPANA、その他セッションでは泉谷しげる、忌野清志郎、石田長生、三宅伸治らと度々共演。リーダー・バンド<SALT><HAYAKAWA>
現在は自己のバンドの他、梅津和時KIKI Bandなどで活躍。

 26日(日)は池ノ上garigari イベントDave Skipper&かみむら泰一Duoで参加します。
Open 18:30 僕らは19:30過ぎです。
 
# by taimusic | 2012-02-20 22:50 | 日記
 先月末の渋谷Bar Isshee「Interference(干渉)」
菊地雅晃(b, electronics)津上研太(s)横川理彦(vln, electronics)かみむら泰一(s)

につづき2月3日の関内Adlibの駒村光Quartet
駒村光(g)かみむら泰一(ts&ss)橋本学(ds)カイドーユタカ(b)

そして昨夜、横浜エアジン2.4sat.オチコチ
かみむら泰一(ts&ss)橋本学(ds) ゲスト:小太刀のばら(p)

どのライブも素晴らしい共演者とその音楽にあう場とお客さんと揃っていた。

 ここ数日良い流れを感じることができている。

 今日はレッスンの仕事をしに渋谷アクタスへ行き
その後妻の知人の展覧会を観に信濃町のACTギャラリーへ。

 人が表現するものは何でも面白い。
表現されたものから発せられるエネルギー、目に入ってくる情報から感じるもの。
解釈、多種多様な感覚の世界がひろがる。
目にすることから今生きていることを感じる。

 ものを作る側と受け取る側の接点の様々な立ち現われ方に興味を持つ。
その一つに、ストーリー(話)がもつもの。ストーリーの設定・・・
自分は音と向き合い自分の中で起こる化学変化や想像の世界が演奏の主な部分になっている。
その私の作り出しているものは何なのか、聴衆が聞くにあたりどのようにそれに接することができるのか。その間にたつ何かを想像する。設定。根拠のある設定や架空の設定もありうるだろう。

 そのような手法を最近の現代美術作品を見ていて強く感じる。それによって感じるもの、受けての受け取り方が変わる。知らない同士がお互いを理解し合うために見いだす接点、その有り様も多様なものがあるのではないか。その部分をみつめてみるのも面白い。ただ設定の面白さだけでは薄っぺらく感じる。作家が作品の素材と向き合い格闘しそこから導きだした答え、その中身の面白さとは相反することがある。

 

 
# by taimusic | 2012-02-06 00:39 | 日記

若者と共演

 先週は木、土曜日とスウェーデンに留学中の市尾優作くんと演奏した。
共有できる何かを感じる相手だった。
 そして年齢の差からも感じる音楽の違いがいい感じの距離感となって
新たな音空間を感じることができて、クリエイティブな気持ちで演奏ができた。

 木曜日は、市尾くんのバンドメンバーでもあるサックスの山本くんとドラムの則武くんが
一緒に演奏。2人ともに、独特の透明感のある音空間を表現できる素晴らしいミュージシャン。
自分の方がざわざわした音空間で、彼らの透明感を濁す役割。なにしろ皆で場を共有している
感じがあるのが楽しい。両日ともに打ち上げで盛り上がる。

 楽しい2日間でした。

食事の写真は、2日目の打ち上げでよったダーツバー&食事どころ、40分待たされて1つ目が、5分おきくらいに1つづつ出てきて全部出てきたのは1時間後。味フライ定食、鳥丼、オムライス、ハンバーグ定食の順だ。怒る事無く,このネタで3年分くらい皆で笑った。流れがよいとこういうハプニングって遭遇するんだね。楽しかった。

若者と共演_b0174238_22474449.jpg
若者と共演_b0174238_22473022.jpg
若者と共演_b0174238_22465231.jpg

# by taimusic | 2012-01-16 22:52 | ライブ
 Flying tea potに出演するようになって5年くらいだろうか?
時をおって出演している場所。自由にやりたい事が演奏できる場所で
固定したイメージのないオープンなスペースがいい。
 マスターがスーと来る人をむかえてくれている。

 明日はスウェーデンに留学中の若手ギターリストの市尾優作くんとその仲間たち
(則武諒dr山本昌広Asax)とセッションライブだ。
 今日は,一日明日のことを考えて準備をしていた。
今何を彼らと演奏したいか?すべきか?自分の立っている場所を再確認し曲を選ぶ。
 結局,サックスの音と向き合い、メロディーをどう歌うか,アーでもないコーでも無いと
七転八倒して終わるのだが。

 先日昨年の紅白のビデオを観ていたらユーミンが出ていた。”春よ来い”という曲を歌っていてとてもよかった。鬼気迫る歌だった。ユーミンといえば国民的歌手でありながら紅白には距離を置いて音楽活動していた歌手の一人だと思う。
しかし昨年の3/11以降こういう人たちも積極的に表に出て発信、表現しようとしているようだ。

 ”のどの奥から生まれそうなかんじ”という自分の曲があるが、今は”のどの奥からうまれでた音たち”を音で表現なければと思う。

 さて明日よ 来い 早ーやく 来い
 
# by taimusic | 2012-01-11 23:28 | ライブ