カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ー東京都現代美術館MOTアニュアル2011ー

 いよいよ明後日がオープニングとなりました。
家のつれ(池内晶子)が出展します。明日がセッティングの最終日となり山場をむかえています。
自宅にて1年以上かけて制作し現場では2週間弱、毎日カンズメ状態で制作してきています。
今日は昼の演奏の後に現美に応援に駆けつけてきました。今日の時点でようやく作品は完成したようです。広い空間に張られた白い糸の作品は例えようのない強い存在感を放っていました。明日は最後の仕上げのライティングです。
 今回の展覧会の副題は「世界の深さのはかり方」です。制作途中ではありますが、ぐるっと会場を回りそれぞれの作家の作品を目にすることができ、展覧会を通じて発せられる一つのメッセージを感じとることができました。自分自身とても楽しみな展覧会です。
 2月26日〜5月8日まで開かれています。お時間ございましたらぜひ足をお運びくださいませ。http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/123/

 
by taimusic | 2011-02-24 02:05 | アート

本日改名しました。

本日かみむら泰一トリオは「オチコチ」というバンド名に改名しました。

オチコチ かみむら泰一Sax&Effect 是安則克Bass 橋本学 Drums

 オチコチとは、遠近のことです。山水画などで三遠という意味をもちます。
あっちこっちともいいます。

 バンドとして生まれ変わった「オチコチ」どうぞよろしくお願いします。

 今日は、オチコチとして初ライブでした。
いい手応えのあるライブでした。
明後日は、入谷のなってるハウスにて、第2弾。

 ぜひ聞きにきてください。

オチコチ かみむら泰一Sax&Effect 是安則克Bass 橋本学 Drums
2.18fri.20:00- なってるハウス
台東区松が谷4-1-8 1F
Knuttel House
ochi-cochi
w/Norikatsu Koreyasu(b)Manabu Hashimoto(ds)
03-3847-2113
by taimusic | 2011-02-16 21:53 | ライブ

近日の流れ。

 先週土曜日から家の連れが東京都現代美術館の展覧会に出展するための搬入がはじまりました。今月26日から開催されるモトアニュアル展という展覧会で、この1年ほど自宅の一室で制作していた作品を会場に持ち込み2週間弱かけて現場でセッティングします。初日は無事終了したようです。
 今の家の流れは、彼女の展覧会が中心になっています。
 自分はといえば、昨年末ドラムのヨシガキさんとベースの是安さんをむかえたトリオの演奏がピークで燃焼してしまいました。集中した分、いい部分と悪い部分の結果がハッキリし見えたのでいろいろと得るものがありました。是安さんとライブ後すごく腹を割った話をすることもでき、それもあっていろいろ整理ができたところは大きいです。そんなことがあり今年は原点にもどりオリジナル・トリオ(是安&橋本学)を新たにバンドとして捉え、3人が作り出す音楽の可能性を追求してみようと思っています。バンド名もほぼ決まりました。近日中にご報告いたします。

東京都現代美術館モトアニュアル展 Nearest Faraway/世界の深さのはかり方
 2月26日(土)より5月7日(日)
出品作家: 池内晶子|椛田ちひろ|木藤純子|関根直子|冨井大裕|八木良太

http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/123

「MOTアニュアル」は、当館が、日本/東京の新しい美術をグループ展形式で紹介するものとして、1999年より行っているシリーズ企画です。
11回目となる本年は、「Nearest Faraway 世界の深さのはかり方」を副題に、6人の作家により構成します。
いたるところでさまざまな価値観の転換期をむかえているような現代にあって、美術の世界も例外ではありません。
本展では、身近にある素材といわば端的に手仕事と呼べるような技法を用いて、自身の足元、そのよって立つところをあらためて問うような制作を続けている作家たちを紹介します。彼ら/彼女らの素材や技法の選択は意図的にシンプルでありながら、それによって生み出される作品の数々は、私たちを遠いところへはこんでいくような、広い射程をもっています。身の回りの物事をてがかりに、「見ること」や「聞くこと」あるいは「時間」や「空間」といった、ふだんは前提とされている事象の成り立ちが、作家それぞれの仕方で、あらためて問われ、見出されていくのです。

本来的に未知である世界の深さや豊かさに触れるような、彼ら/彼女らの独自の方法=術のしなやかな強靭さ。それはまた、近視眼的になり待つことができなくなったといわれる私たちの時代において、美術がもつ一つの可能性でもあるでしょう。6人の術によってひらかれる6つの場が、見慣れた世界の風景を変えるささやかな契機となれば幸いです。
by taimusic | 2011-02-12 23:20 | 日記