カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

先日はじめてサックスの広瀬淳二さんの演奏をピットインで聞きそのサウンドに興味をもち、今日は明大前にあるキッド・アイラックホールで広瀬さんのセルフ・メイド・インストルメントの演奏を聞きに行ってきました。共演者はパーカッションの芳垣安洋さんとノーインプットミキシングボードの中村としまるさん。
 自分の感覚が聞きとらえている音たち、その普段耳にしている音が別のものとなって目の前に立ち現れてくるような素晴らしい音空間でした。彼らの出している音は普通の生活ではめったに耳にしない音ですが、それぞれの音が身体感覚を伴って演奏者から発せられるので違和感を感じなかった。それぞれの演奏者から発せられている音は、同じ空間を共有していながらそれぞれの時間軸が存在し進んでいく。相応にその時々を感じ合いながらそれぞれのタイミングで変わっていく。大きな流れで3人が起承転結を共有しているので音楽として全体が構成されている。
 かなりの音量がある中でも微音や大音量のさまざまな音を存在感をもって表現できる。演奏者それぞれが、音に対してつねに高い集中力と意識を持って演奏している。非常に高いレベルの音楽だと思いました。
 改めて自分のことを考えてみると、自分の問題点と感じている”サックスの音に対してエレクトリックの音が2次的になること”が、果たして問題なのか考えるのです。
 自分には,様々な自分がいてそれぞれが自分であり、その自分がとらえた音たちは、それぞれに違う意味があり,そんな総体としての自分が,表現として音楽を演奏する。それぞれには整合性はなくても自分の中では一つにつながるもの。今はそれを音に出してみたい。

 明日19日は横浜アドリブにて,ギターの加藤崇之さんとDuoで演奏します。
6/19(Sat)19:30~@横浜ADLIB
加藤崇之(g)Duo
かみむら泰一(sax,etc)
045-262-8111横浜市中区吉田町3-9 2F

 

しかし自分で受け止めている部分もあり
日々音と向き合い自分にとっての音ということ音を出すということ,音楽を演奏すること、そのために使っている楽器、サックス。サックスの音と向き合うこととその周りに位置しているエレクトリックの音たち。
by taimusic | 2010-06-18 14:23 | 音楽
11日のビオロンでの津上研太くんとの初Duoは、手応えありました。

 彼の音は鋭い。 小さい音でも独自な歌心あるサックスの響きで音楽を膨らますことができ、まずぶれない。自分の音のコンセプトとは違うので,同じサックスでも音の存在のさせ方が違う。Duoというシンプルな演奏でお互いの考えていることがクリアーに感じあえた気がした。
 今回は2人の間にテーブルを置き、小物(オモチャ、パーカッション)を並べて自由にそれらの音を演奏中に使っての演奏にもチャレンジ。

 最後の曲では遊びにきてくれたギターの野津くんが参加。その他意外なお客様も聞きにきて下さりいい雰囲気の中演奏ができました。

プログラム
1st
Fine (by Taiichi K)
Free Improvization
Smaile(by Charles Chaplin) Kenta Tugami solo
I remember you( by Victor Schertzinger)

2nd
Free Improvization
あしぶみワルツ(by Taiichi K)
Warm Place (by Duke Ellington) Taiichi K solo
I`ll be seeing you (by Kahal and Sammy Fain) with Syotarou Nozu(g)

16日(水)は横浜エアジンにて久しぶりにかみむら泰一Trioの演奏をします。
 ベースの是安則克さんとドラムの橋本学くんというクリエイティブな素晴らしいリズム隊とのトリオ。その演奏をイメージして書いたオリジナル曲をたっぷり演奏します。

 6/16(Wed) 19:45~横浜エアジン
かみむら泰一Trio★★★
w/是安則克(b) 橋本学(Ds)

045-641-9191 横浜市中区住吉町5-60(馬車道通り)
当日 \2500+drink
       予約・前売り\2300+drink
学割(U23) \1500+drink
中高校生は\1000+drink
       小学以下と90歳以上は無料。
b0174238_1747792.jpg

by taimusic | 2010-06-13 17:47 | ライブ
11日(金)阿佐ヶ谷ビオロン

 津上研太(Alto,Sop) & かみむら泰一(Tenor,Sop) Sax Duo!!

¥1,000(ドリンク付き)/ impro, original
03-3336-6414杉並区阿佐谷北2-9-5

 津上くんと昨年2回ほどビオロンで演奏しました。今回初めてDuoで演奏します。

津上君とは、20代のころ同じ釜の飯を食った仲。日本を代表する某ドラマーのバンドでジャズの”スウィング”に真剣に向き合っていた。なので彼との演奏のときは、そのころ演奏していたスタンダードナンバーから1、2曲演奏したくなるのです。今のフィーリングと昔培ったものとが折り重なる気分を演奏できたらと思います。
by taimusic | 2010-06-09 02:47 | ライブ

5月Candyライブ終了!

 先日は、稲毛Candyにてベースの是安則克さんとDuoのライブをしました。

当初は、神戸在住のピアニスト浜村昌子さんをむかえて3人で演奏する予定でしたが
浜村さんが体調を崩したため急遽Duoでの演奏となりました。
7月に是安さんとDuoを予定していましたが一足先のDuoとなりました。

 選曲
!st
 Action & Talk
New Face Waltz
インプロビゼーション
Kioka

2nd
秋の歌
Bass & Sax
インプロ
 Royalin

 是安さんのベースは、今回も驚かされました。お互いに”向き合う”ことから始まるシリアスな空間。
ものすごく良く聞いていて、様々なことが瞬時に起きて展開していく。
 お互いにウォームな音が持ち味だと思うのだが、今回はウォームな音の部分は一部分で、もっと様々なエッジでお互いに向き合う関係が終止あったように思う。
 特にインプロビゼーションでは,今まで聞いたことも無いような(是安さんの演奏で)音の世界があり、新たな境地をみることができました。自分の次に進むべき方向が見えた一夜でした。

 聞きに来てくれた皆様、是安さん、林さん、ありがとうございました。

次のライブは、6月11日阿佐ヶ谷ビオロンにてアルトサックスの津上研太くんとサックスDuoの演奏です。
7時30分スタート 2ステージ 1000円(1ドリンク付き)
by taimusic | 2010-06-05 02:56 | ライブ

池内晶子展

 細君が自由が丘のギャラリーで展覧会をやっています。

 白い空間に白い糸を使った作品です。
お時間ございましたらぜひ観に来てください。

27日は4時より糸を切るパフォーマンスがあります。

2010年6月3日−27日
開廊日:木曜日・金曜日・土曜日・日曜日
開廊時間:13:00-18:00
@gallery 21yo-j
東京都世田谷区等々力6-24-11

DM http://music.geocities.jp/musictaichi/aki/dm/ikeuchi_dm-mail.html

gallery 21yo-j http://www.gallery21yo.com/info-Frame.html
by taimusic | 2010-06-05 02:38 | アート