人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:音楽( 10 )

 是安則克さんを偲ぶ。

 初めて是安則克さんと出会ったのは、今から30年前、数字を書くと随分と月日が過ぎたなあと
感じますが、感覚的にはついこの間のような気もします。

 私がジャズドラマーのジョージ大塚さんのバンドをやめた頃に、前後してジョージさんと共演をしていたジャズピアニストの大給桜子さんに声をかけていただき、吉祥寺のサムタイムに出演したのが是安さんと知り合った始まりでした。大給さんと是安さんと私の3人で、スタンダードや当時、ミッシェル・ペドルチアニが注目されていた頃で、その辺りの曲を演奏してました。残念ながら4ヶ月ほどでクビとなり、その後に是安さんと再会したのは、私がアメリカ留学から帰国して5、6年経ってからでした。
 当時の私は、デューイ・レッドマンにハマっていて、デューイの音楽を通じてオーネット・コールマンのフリーなジャズも知っていましたが、音楽的にはまだまだジョージさんの所で学んだスイングして歌うスタイルで演奏していたので、是安さんのベースの本当のよさは当時の私にはよく解らないで演奏していたと思います。当時の私は生意気で「変わったフィーリングのベーシストだなあ」と思いながら共演していて、その時の是安さんのベースから感じたチャーリー・ヘイデンの印象が残っていて、後に共演をお願いすることになります。

 毎回、ライブで会うと「おう!」と凄みのある声で声をかけてくれて、後はほとんど話をした記憶がありません。
それでも是安さんの言葉で記憶に残っているのは「お前は、思ったように演奏すりゃいいんだよ」のような、、ちょっとニュアンスが違うなあ、
何かそのような内容のことを言ってくれたように記憶しています。
 後でこの時期の是安さんはお酒で大変だったと人から聞き、そうだったかと当時の是安さんを思いうかべます。吉祥寺のサムタイムは地下にあり、階段を降り薄暗い店内に入ると、すぐ左にテーブルがあり、そこに物静かに、でも凄みのある是安さんが座っていたのを思い浮かべます。やはり今思い返してもかっこ良かったな。

 私がアメリカ生活を終え帰国し、自分のバンドを組んでオリジナルを演奏していた頃、いつもイメージにあったのがチャーリー・ヘイデンのベースでした。それは当時、影響を受けていた2000年前後のNYのダウンタウンシーンの彼らの音楽のベースに、オーネットから通じるジャズのエッセンスを感じていて、チャーリー・ヘイデン、ポール・モチアン、デューイ・レッドマン、ビリー・ヒギンズ、、かれらが、様々な形で当時のジャズシーンに影響を及ぼしていたものが、NYのダウンタウンの若い世代のジャズシーンにも影響をあたえていて、それがバックグラウンドになっているように感じていました。
 私がいままで東京で演奏活動してきて、ヘイデン好きなベーシストはいても、そのような音楽性を持ったベースを弾ける人は、当時の自分の周りにはいなくて、唯一そのようなベーシストを弾いていたのが、是安さんでした。
 そんな是安さんとの共演の記憶をたどり、知人のミュージシャンを頼り、是安さんの連絡先を知っている人を探しました。
その過程で、当時お酒で大変だったこと、その後の病気から克服されたことを聞き、もしかしたら当時の記憶は残っていないかもしれないという話も聞き、そんな中で是安さんに電話をかけてみました。
 電話に出た是安さんは、当時のことを覚えていてくれて、あの気さくな是安さんの話し方で、話をしてくれたように、記憶しています。
 共演をお願いするにあたり、自分が活動している小さなお店で演奏してくれるだろうかと不安でしたが、快く共演を承諾してくれて、本当に嬉しかったです。
 是安さんとの再共演が、ここからスタートします。
 当時、自分の音楽は自分のサウンドで表現しなければと考えていて、自分のイメージした響きで、ひたすら演奏していました。最初のうち是安さんは、様子を伺っていましたが、そのうちに是安さんの中で「解った」と思ったのか、それからは演奏中、ベースで「これはどうよ!、それってどうなの」というような問いかけが、音の中に聞こえてきて、それからは、問いかける是安さんと向き合う演奏になっていきました。この体験は、自分の音楽活動の中でとても大きな体験となり、それまでそんな問いかけを音楽の中でしてくる共演者は、いなかったのです。
 是安さんが音楽を演奏するということは、音での会話で、理想の音の響きを追い求めることも大切だが、ジャズ(ジャズという枠のみにはめることはないですが)は、音での会話ということを音で示してくれました。

 是安さんはいつもベースの響きのことを考えていて、それは単に自分の出したいベースの響きというだけではなく、共演者との間、場所の響きを含め音楽全体として是安さんがほしいベースの音を探していて、演奏前、ステージの間の休憩中など、アンプの上に乗せたイコライザーをずっと調整していました。
 大抵、演奏が進むに連れて,音の環境が良くなっていき、それぞれの音がよく聞こえ,なおかつアグレッシブな部分も生きる場になっていました。
 時々、ベースアンプやイコライザーも変えていて、ベースの音にまつわる道具を日々、研究していたことを思いかえします。

 是安さんと再演することで、自分が求めていた音楽を演奏できるようになったことのみならず、演奏で向き合うことを教えていただき、そのことがアメリカに向いていた音楽の意識から、日本ならではの、今ここで生まれる音楽を演奏する、そういう方向性に転換する大きなきっかけになりました。
 その後自分のバンドは、コードレス編成になり、ドラムの橋本学くんと3人で新宿ピットインや横浜エアジン、稲毛Candyなどで活動していきます。この3人に唯一加わって演奏したのはピアニストの浜村昌子さんとスイス人ピアニストのクリス・ウィーゼンダンガーさんでした。
 
 2011年に、是安さんが他界し、そのロスは大きかったです。是安さんの代わりになるベーシストはいなくて、是安ロスに陥ったミュージシャンは沢山いました。
 最後の頃には、音楽的な相談も聞いてくれたり、加藤さんやシューミーさんとの出会いも、是安さんが「シューミーの歌を聴いてみ!凄いから」と勧めてくれて、聞きにいったことがきっかけでした。
 
 巡る月日の中で、変わらぬ印象とそれが深まっていくこともあるとこの文章をかきながら感じています。

合掌!!

2018年9月23日是安則克氏、命日。
b0174238_05404885.jpg

かみむら泰一


by taimusic | 2018-09-24 05:34 | 音楽

Mr. Dewey Redmanの命日!

今日、2018年9月2日は、2006年に75歳で他界されたDewey Redmanの命日です。

 アメリカ・テキサス州フォートワース生まれのデューイ・レッドマンは、オーネット・コールマンと同郷で、高校生の時に出会い、当時はチャーリー・パーカーらのビバップが全盛期の時代でみな多大な影響を受けたようです。
 Dewey Redmanの特徴は、何と言っても美しいトーンです。心に響くあの音は、何にも変え難くそしてスイングする。デューイのフレーズ,音符は、4ビートのリズムの上で、ビバップ後のスタイルだと聴いてわかるのに、ビバップの方法論では演奏していない。どうやったらこんな風に演奏ができるのかと、当時はデューイを聞くことで学んでいました。
 今では、オーネットのアプローチから発展してきた語法だということがわかります。
 ただオーネットと違う点は、デューイは根っからのテナーサックスプレーヤーで、もっと言うと”ジャズ”サックスプレーヤーです。
語法はビバップの方法論で演奏していないので、一般的なジャズサックスプレーヤーに評価されていないところがありますが、サックスという楽器を、往年のジャズジャイアントからしっかりと学び取った人で、ジャズサックスを独自な視点から深め、自分のスタイルを築きあげたサックスの名手の1人です。
 トーン、ビブラート、イントネーションなど、身体の深いところで、楽器を響かせることを理解していることが、あの素晴らしい演奏のベースにあります。

 私は、20代前半の頃にキース・ジャレットのアメリカン・カルテットでデューイ・レッドマンの演奏を耳にしてから、ずっと彼の演奏のファンになりました。
「宝島」というアルバムで、その後は彼の入っているものを聴きあさり、ついには
Old and New Dreamsというオーネット・コールマンのサイドメンバーが集まったバンド(Dewey Redman sax,Don Cherry tp, Charlie Haden b, Ed Blackwell dr)の来日公演を聴きに行きました。会場は今はなき六本木ピットインで、80年代後半だったと思います。
 六本木ピットインは、六本木の交差点を東京タワーに向かって歩き、高速道路に出る少し手前の左側のビルの地下1階にありました。
その頃は、ジャズドラマーのジョージ大塚さんのバンドで六ピに出演していた関係で開演前から店内に入れてもらえて、遅れてデューイ・レッドマンが店に到着すると、奥の楽屋に入っていき、その途端に、ガヤガヤと大声で盛り上がっていたのを思い出します。
 この時のドラマーは、ポール・モチアンでした。
 デューイの地の底から聞こえてくるようなテナーサックスの響、チャーリーヘイデンが客席に背を向けて、壁に向かってベースを弾いている姿は今でも鮮明に記憶に残っています。
 その後にデューイとあったのは、私が留学した90年代のボストンで、ドラムのマット・ウィルソンのバンドでボストンにきていて、その時のベースが井上陽介さんでした。
デューイはずっとワインを飲んでいてライブ後も上機嫌で、当時のバークリーの仲間の数人で聞きに行き、一緒に撮った写真がどこかに残っています。
 そして、2000年前後にNYに住んでいた頃には、デューイのライブを聴きに行き、「教えてくれないか」と緊張しながらも声をかけて、電話番号を教えてもらったのですが、その時のやりとりはとても印象的で、デューイの人柄に触れるよい機会でした。後日ドキドキしながら何回か電話をかけてみましたが、毎回の留守番電話で10回目の時に、これが最後だと思いながら電話をかけたら、本人が、、、出たのです。びっくりしました。
 その後何度か、ブルックリンの自宅にレッスンに伺い、サックスの音について薫陶を受けました。
 いつも話してくれたことは、コルトレーンがいかに素晴らしかったか?ということを、自身がコルトレーンと会った時のエピソードと共に話してくれたこと音、サウンドのことでした。
 また多くの優れたサックスプレーヤーの生の演奏を見聞きして、自分はサックスを学んだことを話してくれました。
 音楽=サウンドが全てというデューイの言葉が、今の私の心情となっています。

 Thank you Mr. Dewey Redman!
Your music will be engraved in our heart forever.

taiichi kamimura
 

by taimusic | 2018-09-03 00:28 | 音楽

「話すことと音の関係」

「話すことと音の関係」

2013年9月21日下北沢アポロで「話すことと音の関係」
と題して実験インプロビゼーションのセッションを企画した。

 メンバーは、蜂谷真紀(voice)村田直哉(turnTable)
日野亮介(bass)吉本裕美子(guitar)私、かみむら泰一(Sax)


 人の行為の一つとして「話す」ことの意味は深い。
それと「音」との関係となるとどの切り口で話を始めるのかと
怒られても仕方がないような大それたタイトルを付けて
しまった。

 さて演奏活動を行う中で、音楽が立ち現れる
その表現行為に着目してみると「話す」という行為と
「音(音楽表現)」との関係がとても気になり、
そこに焦点を当ててメンバーを選んでライブをしてみたらと
思い当たった。
(即興演奏を音楽として演奏するかしないかという問題がありますが、
ここでは音楽を演奏する意識の即興について)

 またいつもとは違う切り口でメンバーを集めて演奏するこで
新たな音楽に触れられるのでは!という期待もあった。

 さてライブを組み演奏してみた自分の率直な感想は
「演奏した」ということ。
演奏前に「話すことと音の関係」とタイトルをつけても
演奏が始まれば「演奏」に集中する。
タイトルは関係なくなる。
 しかしながらコレは一番の印象ですべてではない。
深層心理ではないけれども「話すことと音の関係」というタイトルが
前提となってそのことを通して感じる感覚がうまれて
演奏中ずっとではないにしろ意識のどこかに引っかかって残っている。
 そんな感覚を思い出してもう一度、演奏を振り返ると
たとえば演奏前のそれぞれの奏者の会話(話)の印象と演奏とはイコールにならない所を思い出す。
その人を感じようとすると、その人の表すものはその人の本質とどこかで繋がっているので、演奏も話すことも本人の行為なのだから、その人のすることと一つに考えることはできるが、それでもイコールにならない部分がある。
 音楽が表しているもの、表せる範囲は、その人の世界観(総体)から音として出てくるもので、話、会話で本人が表せる範囲はその一部であり、演奏の中で音として表れるものには、もっと様々なものが含まれており、その人の無意識が捉えているものも含めて音に現れてくると考えると、話すことと、その人の表す音楽とが簡単にイコールにはならず、そこで見えてくるものにとても興味を惹かれる。
人が経験するものはそれぞれに違い、それが音となりそれぞれの豊かな音楽として存在している。
そんな自分の知らない世界に出会うことを楽しみにしたい。
 みんなそれぞれ自分の音を出します。

11月8日金曜 20時〜 下北沢アポロにて 
「話すことと音の関係vol.2」 再演します。
by taimusic | 2013-11-03 03:34 | 音楽
先日8月4日渋谷Bar Issheeにて菊地雅晃くんの「Interference(干渉)」のライブがあった。
前回ゲストで参加し今回からメンバーとして参加。このバンドは、完全即興の演奏をする。
 つわもの揃いのバンドである。
菊地雅晃(b, electronics)津上研太(s)横川理彦(vln, electronics)かみむら泰一(s)

 ジャズは長く演奏しているが即興演奏するようになってから10年くらいだろうか?始まりはサックスの響きを活かした演奏をしたくてソロ演奏からはじめた。それから様々な人と共演を重ねてきた。
 即興演奏への意識も時間が経つ中で変化し徐々に実態が現れてきたように思う。自分の音感覚=響きの空間を感じて演奏するというわたしの基本的なスタンスは変わっていない。人の音の感覚は様々でそれぞれの人の音の感じ方、理解、音の意味などは微妙に(〜大きく)違う。集団即興の場合それぞれが音を解釈し音楽としての表現行為に挑む。それぞれの生きようとする行動の表れのような気がする。自分の音感覚を表現する。それは自分と音の関係が成立していないとどこかに行ってしまう(少なからず)。集団即興は個と社会の関係においての問題がそこにたち現れる。また違うベクトルで全体として生み出されている”音楽”がある。奏者は全体の流れを捉える。流れは様々に変化する。今は自分にとって集団即興の場合その両者が平行して進んでいっている。

 関係性、干渉、音楽表現、成立するためのドローイング。社会的に成立することと個人の中で成立すること。両者の関係を思考する。

次回Interference(干渉)は
9.16Fri.20:00-@渋谷Bar Isshee
「Interference(干渉)」
菊地雅晃(b, electronics)津上研太(s)横川理彦(vln, electronics)かみむら泰一(s)
"Interference"/Masaaki Kikuchi(b, electronics)Kenta Tsugami(s)
Tadahiko Yokogawa(vln, electronics)Taiichi Kamimura(s)
投げ銭(終演後:別途バーチャージ500円+ドリンク代)
by taimusic | 2011-08-06 00:39 | 音楽
  我らがドラマー鳥山タケが逝ってしまってから3年が経つ。
いまでもまだ自分の中でいなくなっていない彼を感じている。

 前回(2年前)タケのトレビュートコンサートをやった。
その時は、ほんとに追悼コンサートをやった。

 今回は,「たまには皆で集まって演奏しようか」 という軽い気持ちが始めるきっかけだった。
コンサートのタイトルを藤原くんや橋爪くんと考えていくうちに、友人の死を受け止める
みんなの心の状態に触れ、


 やはりそうなのだよ。
 こういうきっかけで始めたコンサートは、彼(タケ)なくして始まらないのだ。
自分の心もきまり前回のタイトルを引き継いで、トレビュートコンサートの再演として
開催することにしました。

 おかげさまで,満員御礼!!  
バンドそれぞれの持ち味を十二分に発揮した演奏で熱かった。

当日のバンド&出演者は

かみむら泰一Trio
かみむら泰一Tenor&Sop Sax
是安則克 Acostic Bass
橋本学    Drums

橋爪亮督 Group
橋爪亮督 Tenor Sax &Loop effecter
浅川太平 Piano&Key
佐藤浩一 Piano&Key
織原良次 Fretless Bass
橋本学    Drums

Quartz-Head 02
藤原大輔 Tenor Sax& Effecter
 ハタケン  Anolog Synth

浜村昌子オーケストラ
 かみむら泰一Tenor
 橋爪亮督 Tenor Sax &Loop effecter
 藤原大輔 Tenor Sax
是安則克 Acostic Bass
橋本学    Drums

 夏もこれで終わりです。熱さは、まだまだ続きそうです〜〜〜〜。

ご来場下さったお客様に感謝!!!!!!!!!!

出演者に感謝!!!!!!!!!!!!
石森のスタッフに感謝!!!!!!!!!!
家のスタッフに感謝!!!!!!!!!!!!

 
by taimusic | 2010-09-02 12:37 | 音楽
先日はじめてサックスの広瀬淳二さんの演奏をピットインで聞きそのサウンドに興味をもち、今日は明大前にあるキッド・アイラックホールで広瀬さんのセルフ・メイド・インストルメントの演奏を聞きに行ってきました。共演者はパーカッションの芳垣安洋さんとノーインプットミキシングボードの中村としまるさん。
 自分の感覚が聞きとらえている音たち、その普段耳にしている音が別のものとなって目の前に立ち現れてくるような素晴らしい音空間でした。彼らの出している音は普通の生活ではめったに耳にしない音ですが、それぞれの音が身体感覚を伴って演奏者から発せられるので違和感を感じなかった。それぞれの演奏者から発せられている音は、同じ空間を共有していながらそれぞれの時間軸が存在し進んでいく。相応にその時々を感じ合いながらそれぞれのタイミングで変わっていく。大きな流れで3人が起承転結を共有しているので音楽として全体が構成されている。
 かなりの音量がある中でも微音や大音量のさまざまな音を存在感をもって表現できる。演奏者それぞれが、音に対してつねに高い集中力と意識を持って演奏している。非常に高いレベルの音楽だと思いました。
 改めて自分のことを考えてみると、自分の問題点と感じている”サックスの音に対してエレクトリックの音が2次的になること”が、果たして問題なのか考えるのです。
 自分には,様々な自分がいてそれぞれが自分であり、その自分がとらえた音たちは、それぞれに違う意味があり,そんな総体としての自分が,表現として音楽を演奏する。それぞれには整合性はなくても自分の中では一つにつながるもの。今はそれを音に出してみたい。

 明日19日は横浜アドリブにて,ギターの加藤崇之さんとDuoで演奏します。
6/19(Sat)19:30~@横浜ADLIB
加藤崇之(g)Duo
かみむら泰一(sax,etc)
045-262-8111横浜市中区吉田町3-9 2F

 

しかし自分で受け止めている部分もあり
日々音と向き合い自分にとっての音ということ音を出すということ,音楽を演奏すること、そのために使っている楽器、サックス。サックスの音と向き合うこととその周りに位置しているエレクトリックの音たち。
by taimusic | 2010-06-18 14:23 | 音楽
 昨日昼ピットインにてかみむら泰一Trioに加藤嵩之さんをむかえてのライブをした。
今回で2回目になる。いろいろと何を演奏しようか考えたあげく1ステージは私のオリジナルを2ステージはインプロビゼーションを演奏することにした。
 1st
Fine
Bass&Sax
A Girl from new Mexico
秋の歌

 2nd
Free Improvization

演奏中はさまざまなことがおこり絶えず流動的な流れの中で時が過ぎていった。
演奏後に感じた手応えは音が頭で考えるところではなくもっと細胞とか肉体全体で知覚している感覚でより深く音楽を体感する経験ができたと思う。
 共演者の皆様,聞きにきてくれた皆様,スタッフの皆様に感謝です。
今週金曜日は、横浜エアジンにてピアニストの市川秀男さんをむかえてトリオ+1で演奏です。音楽漬けでいられる幸せを感じます。ナマステ・・・。
by taimusic | 2010-05-12 19:15 | 音楽
 最近のライブはセッションなギグが続いた。ロンドン在住のピアニスト国島さんのエアジンでのセッション、491ハウスでのピアニスト浅川太平くんとのDuo,そして今日上町63でギターの市野元彦君とベースの織原良次くんとのセッション。どのギグも共演者の皆さんそれぞれに素晴らしいミュージシャンで自然体で音楽を演奏する。それぞれは素晴らしいのに演奏が始まるといろんなことが起る(自分のせいだろうか?)。交わるということはそういうことか??。
 さて自分はジャズといわれる音楽を演奏している。ジャズ・あるテーマを元に演奏者それぞれの自由な解釈で即興演奏するものだと自分は考えている。それぞれの解釈(価値観)で同時に演奏するのだからそこにずれ(問題)が生じるのは当然といえば当然のこと。
 ジャズとは個と個がそれぞれの解釈で音を出すところから始まる。そのなかで生まれたズレとどう向き合うか?そこから演奏者各自が良いと思う方向へどのように進んでいきそのなかで各自の世界をどう表現するか?またそのような共同制作の中でどのようなよい音楽を作ることが可能かをチャレンジするものだと思う。
 そんなジャズの演奏が持っている一面を最近のいくつかのライブを通じて感じた。


 さて今月最後のライブは4月30日(金)阿佐ヶ谷ビオロンにてソロライブです。

ビオロンソロライブは2回目。日頃、音(サックスもろもろ)と向き合い深めているものを
どこまで表現出来るかソロで挑みます。
インプロ、スタンダード、オリジナルを演奏予定・・

b0174238_4342868.jpg



 
by taimusic | 2010-04-28 04:47 | 音楽
私は、普段サックスのリードはRico Jazz Selectというリードを使っています。
今まではずっとUn Filedタイプのリードを使っていましたが,最近ふとイメージがわきfiledリードを使ってみました。
 私は空気感のあるサウンドをサックスで表現したくてリードの響かせ方を研究していますが、Un Filedリード(Rico Jazz Selectの)では、リード全体が響く感じでリガチャーもリードを全体的にホールドするタイプのものを使っています。そのセッティングだと自分のイメージの響が出せますが、コントロールに問題があります。私は顎から喉にかけて左右のバランスが悪いのがで細かいコントロールやタッチがだしにくいのです。もう少し口元近くのリードのコントロールの精度を上げられればその問題を解決することができるだろうと考えFiledリードを試してみようと思ったのです。Filedリードはリードの先端近くがよくなりそこで響いた感じがリードの後ろの方まで影響しないので先端近くのコントロールに集中することができるのです。さてこのタイプのリードに変えて2ヶ月弱がたちました。以前よりもよりコントロールすることができるようになり、よりイメージする音に向かってどうコントロールしたらよいか集中していきました。 リードメーカーによってそれぞれのリードのコンセプトが違うので一概にはいえませんが、Un filed とFiledされたリードの違いが少しわかった気がしました。 サックス音作り格闘日記。
by taimusic | 2009-12-10 00:57 | 音楽
 You play Jazzというサイトでサックスの教材を作りました。
内容は、サックスの音出しに悩んでいる方など、スムースな音だしが
できるようにアドバイスをまとめてみました。
 私自身サックスの音だしで悩んだことが沢山あり、いままでさまざまな方に
サックスの音作りでアドバイスを受けてきましたが
それらを、私が生徒指導をする中で整理してきたものを
今回教材にしてみました。
 この教材が、少しでもサックスの音出しに悩んでいる方の
お役に立てればと願っております。
 
興味のある方、ぜひご利用ください。
  http://www.youplay-jazz.com/musicians/view/24

b0174238_11133662.gif
by taimusic | 2009-07-21 11:24 | 音楽