カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:ライブ( 35 )

「独断、独奏」9/28

9月28日四谷茶会記の「独断、独奏」を終えて。

 私は、サックスを演奏する時の感覚として

サックスを自分とその周りの世界をつなぐ道具として捉えている

ところがあります。

この楽器は、息を吹き入れることで音が発生しますが

鳴る瞬間の出来事は、アンブッシャー(くわえかた)で決まり

その状態によって、音の響き方の質が大きく変化します。


 音が出た瞬間に、”今、この場所”との関係がはじまります。音を出す少し前のインスピレーションからへたイメージと、実際に出た音とのズレを調整しつつ、その瞬間のリアルな行為を続けること、そしてその時の創造的な気持ちを出来る限り持ち続けること。そのことがテーマとしてありました。


 生み出した音は外の空間に響き、観客と共にその音を共有します。

この時、その延長線上の音を想像しようと演奏を続けると、あるイメージの音の空間を作ろうとする別の演奏行為へ移ってしまいます。”瞬間のリアルな行為と繋がる“ための自分と楽器の接点への意識が薄れていきます。結果的に外の基準におもねることになり、そのことは演奏のポイントにしていました。

 またその反面、真逆の思考で自分を意識しすぎないという観点も自分の中に持つことを意識しています。相手、外側との境界をぼんやりと感じ流れに身をまかせ、自分が創造の道具となり、インスピレーションを感受し、身体が通り道となって排泄するそんな表現もイメージとして持ちました。


この表現をするためには場を整えた方がよいと思い、店主に雑巾をお借りして、会場の床や椅子の掃除をしたり、服装もいつもよりも考えて、1回目のステージは正装で、2回目は、シンプルな上下に裸足にしました。演奏の最後に少しだけ、知人に書いた曲、そして最近、詩に興味を持ったことから、ある人の詩から作った曲を演奏して、ライブを終了しました。


 わがままなタイトルですが、自分の基準をもってとことん演奏することを考えこのタイトルにしてみました。

 

次回は、その逆のチャレンジもしてみたいと思います。

 出した音の響きを共有して、その音が向かう方向に、とことん身を委ねてみるのもよいのかもしれません。

 



by taimusic | 2018-09-30 20:23 | ライブ

強い勢力の台風21号、各地で猛威を振るっています。

明日の昼前には、日本を過ぎるようです。


 明日は、久しぶりに自分のライブを企画しました。

サックスのワンホーントリオで、メンバーはいつも阿佐ヶ谷マンハッタンのJam sessionで共にホストを担当する

ベースの山口裕之さん。彼は、ここ数年マンハッタンのJam session ホストを中心としたメンバーで組んだ自身のバンドの活動をしていて、今年の7月に1st CD「Thursday night sextet・Inner Perception」をリリースしました。そしてドラマーはtpの伊勢崎賢治さんのバンドで共演している若手ホープのドラマー、坂本貴啓くんです。自分のバンドでは歌も歌い、様々な音に興味があり、様々な音の出るものを集めて面白いドラムを叩きます。

 なかなか面白いバランスのトリオだと思っています。

 

 今年の夏には、初めて新潟市や山形県の出羽三山に出かけ上信越から東北の日本海側の空気を感じ、夏の終わりには個人的に忘れられない大きな出来事があり、新曲をかく事にしました。タイトルは「Life」とつけました。

 明日は、「Life」を含めオリジナルやジャズスタンダード、オーネット・コールマンの曲を通じて

ある人へのトレビュートライブにしたいと思っています。


9.5wed.19:30-@国分寺M's Cafe
かみむら泰一 スタンダードジャズトリオ (with Ornette)
かみむら泰一(ts&ss)山口裕之(bass)坂本貴啓(drums)
MC2000+order+TC300
東京都国分寺市本町2-7-5明星ビルB1
042-325-7767


by taimusic | 2018-09-04 22:38 | ライブ

若者と共演

 先週は木、土曜日とスウェーデンに留学中の市尾優作くんと演奏した。
共有できる何かを感じる相手だった。
 そして年齢の差からも感じる音楽の違いがいい感じの距離感となって
新たな音空間を感じることができて、クリエイティブな気持ちで演奏ができた。

 木曜日は、市尾くんのバンドメンバーでもあるサックスの山本くんとドラムの則武くんが
一緒に演奏。2人ともに、独特の透明感のある音空間を表現できる素晴らしいミュージシャン。
自分の方がざわざわした音空間で、彼らの透明感を濁す役割。なにしろ皆で場を共有している
感じがあるのが楽しい。両日ともに打ち上げで盛り上がる。

 楽しい2日間でした。

食事の写真は、2日目の打ち上げでよったダーツバー&食事どころ、40分待たされて1つ目が、5分おきくらいに1つづつ出てきて全部出てきたのは1時間後。味フライ定食、鳥丼、オムライス、ハンバーグ定食の順だ。怒る事無く,このネタで3年分くらい皆で笑った。流れがよいとこういうハプニングって遭遇するんだね。楽しかった。

b0174238_22474449.jpg
b0174238_22473022.jpg
b0174238_22465231.jpg

by taimusic | 2012-01-16 22:52 | ライブ
 Flying tea potに出演するようになって5年くらいだろうか?
時をおって出演している場所。自由にやりたい事が演奏できる場所で
固定したイメージのないオープンなスペースがいい。
 マスターがスーと来る人をむかえてくれている。

 明日はスウェーデンに留学中の若手ギターリストの市尾優作くんとその仲間たち
(則武諒dr山本昌広Asax)とセッションライブだ。
 今日は,一日明日のことを考えて準備をしていた。
今何を彼らと演奏したいか?すべきか?自分の立っている場所を再確認し曲を選ぶ。
 結局,サックスの音と向き合い、メロディーをどう歌うか,アーでもないコーでも無いと
七転八倒して終わるのだが。

 先日昨年の紅白のビデオを観ていたらユーミンが出ていた。”春よ来い”という曲を歌っていてとてもよかった。鬼気迫る歌だった。ユーミンといえば国民的歌手でありながら紅白には距離を置いて音楽活動していた歌手の一人だと思う。
しかし昨年の3/11以降こういう人たちも積極的に表に出て発信、表現しようとしているようだ。

 ”のどの奥から生まれそうなかんじ”という自分の曲があるが、今は”のどの奥からうまれでた音たち”を音で表現なければと思う。

 さて明日よ 来い 早ーやく 来い
 
by taimusic | 2012-01-11 23:28 | ライブ

2012元旦 朝

 新年あけましておめでとうございます。

皆様にとってよい年でありますようお祈り申し上げます。

 昨年は嬉しいことも沢山あったけれど、総括するととても悲しい年でした。
わたし自身は最後の準備の年と思って音に取り組んできました。さて今年は活動する年、気持ちを新たに前進しようと思います。オチコチのCDも製作中です。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

1.7sat.19:30-@阿佐ヶ谷 ヴィオロン
かみむら泰一(ts&ss)蜂谷真紀(vo・voice)
杉並区阿佐谷北2-9-5
Asagaya Violon
Taiichi Kamimura(s)Maki Hachiya(p)
¥1,000(1drink)
03-3336-6414

1.12thu.20:00-@江古田 Cafe FLYING TEAPOT
オリジナル&インプロ
かみむら泰一(Ts&Ss&笛&Effect) 市尾優作(g)則武諒(ds)山本昌広(Alto sax)
東京都練馬区栄町27-7 榎本ビルB1
西武池袋線江古田駅歩5分 都営大江戸線新江古田駅歩10分
Ekota Cafe FLYING TEAPOT
MC1500
03-5999-7971

1.14sat.20:00-@清澄白河 jazz bar DUMBO2
かみむら泰一(s) 市尾優作(g) Duo
江東区常磐2-10-3
Kiyoshumi-shirakawa jazz bar DUMBO2
Taiichi Kamimura(s) Yusaku Ichio(g)Duo
03-3635-2909

1.17tue.20:00-@Kanmachi63
かみむら泰一(ts&ss)市野元彦(g)池長一美(ds)
横浜市中区相生町5-95 トラストワンビルB1F
¥3,300 / reservation¥3,000
045(662)7322

1.24tue.19:00-@阿佐ヶ谷マンハッタン
西川輝正(b)かみむら泰一(ts&ss)佐久間優子(p)b0174238_1038357.jpg
杉並区阿佐ヶ谷北2-2-7 喜楽ビル3F
JR阿佐ヶ谷駅(新宿より中央線約15分)北口を出て左に徒歩約2分、レンタルビデオ屋を過ぎてすぐ
03-3336-7961

1.30mon.20:00-@渋谷Bar Isshee
「Interference(干渉)」
菊地雅晃(b, electronics)津上研太(s)横川理彦(vln, electronics)かみむら泰一(s)
"Interference"/Masaaki Kikuchi(b, electronics)Kenta Tsugami(s)
Tadahiko Yokogawa(vln, electronics)Taiichi Kamimura(s)
投げ銭(終演後:別途バーチャージ500円+ドリンク代)
by taimusic | 2012-01-01 10:57 | ライブ
 7月16、17、18日と3日間があっという間にすぎました。

 昨年の春に初めて共演してから、今回で2回目の共演になります。今回のライブは今年のはじめに企画をしていまして、まさかこのような震災が起こるとは思ってもみませんでした。これは来日は無理かなと思いながらクリスさんに問い合わせてみたところ、ぜひこのような時だからこそ日本に応援に来たいと言ってくれて、クリスさんのとても熱い気持ちを感じました。とはいえ原発は完全に終息したわけではなく、ぎりぎりまで何かあったらキャンセルしようと思っていました。幸運にも事態が悪化することなくライブの当日を迎えることができました。
 ライブでは前回同様に私の曲とクリスさんの曲を演奏しました。初日は入谷のなってるハウスにてクリスさん、ベースの是安さんとドラムの橋本学くんの4人で演奏しました。普段より1時間早くお店を開けてもらい5時に待ち合わせ。久しぶりの再会でしばし店前で立ち話をしながら再会を喜び合いました。考えておいた選曲のリスト順にリハーサルを行 いました。演奏は、熱い演奏になりました。クリスさんは相変わらず素晴らしいタッチのピアノで様々な引き出しからアイデアが出てくるしよく歌う。是安さんは6月中海外ツアーに出ていて、リフレッシュした新しい感覚を感じた。相変わらずのディープな低音で素晴らしい音楽を表現していました。橋本くんとは、3ヶ月ぶりだろうか?今や超売れっ子ドラマーになり成長著しい。3ヶ月前とは別人、音がとにかく音楽的で、独自のスタイルに磨きをかけていました。来月久しぶりのオチコチでの共演が楽しみです。なってるハウスのライブは連休もあってかお客さんも入り盛況の中初日を終えることができました。

 2日目からは、ドラムが代わり芳垣さんに。クリスさんとの演奏に芳垣さんのイメージがあったので今回は後半の2日間演奏してもらうことにしました。2日目は、横浜エアジン。芳垣さんとクリスさんは初対面で芳垣さんがスイスに何度か演奏にいっているので、自然にスイスの話題へ。
 選曲は初日の手応えをもとに少し修正をして、リハーサルをおこないました。4人の音はイメージした音でした。本番、望んでいた音とはいえ重鎮のリズムセクションと洗練されたクリスさんのピアノはとても厚く想像していたよりもエネルギッシュで、2ステージを終えてアンコールを演奏する頃には、自分の体力の限界を感じるまでにいたりました・・。2日目エアジンは満員御礼、盛況の中ライブを終了。
 3日目は、久しぶりの新宿ピットイン夜の部での演奏で、気合いが入りました。
 前日の演奏もあり6時入りで、リハーサルはほとんどサウンドチェックのみでした。前日のことを踏まえ、また自分の考えを整理して、再度選曲し直しました。インプロビゼーション主体の選曲に。
 本番前に、クリスさんが博多のお土産に、明太子センベーを持ってきてくれました。そしたらなんと芳垣さんは、知人から同じお土産をもらっていて、今家にあるとのこと。こんな偶然もあるんだなあ〜。

1st
My Home by taiichi kamimura
Action & Talk by taiichi kamimura
Shonyata by Chris Weisendanger
Kioka by taiichi kamimura
秋の歌    by taiichi kamimura

2nd
Hama-misa by taiichi kamimura
Bref Hope by Chris Weisendanger
つまりまする by taiichi kamimura
Ballard by Chris Weisendanger

 音が立ち現れる感覚を、常に感じながら音楽が進んでいく方向にどん欲についていく。
昨日とはちがう新たな創造の世界 濃密な時間を過ごすことができました。

 ピットインも盛況の中無事終了。3日間ビックリするぐらいお客さんに恵まれ、素晴らしいライブハウスで素晴らしいミュージシャンと共に音楽を演奏できたこと、心より感謝です。

 ご来場くださいました皆様、ライブハウスのスタッフの皆様、メンバーの皆様(是安さん、橋本くん、芳垣さん、クリスさん&ソノエさん)ありがとうございました。

 さて素晴らしいライブが続きます。21日は、横浜上町63にてベースの是安則克さんとチェロのmori-shigeさんと3人でインプロビゼーションの演奏をします。
 モリシゲさんとは、荻窪にグッドマンがあったころに対バンでお会いしたのがきっかけで、何度か共演させていただいたことがありました。ここ数年共演の機会がなく久しぶりの演奏です。このメンバーでは、初めての共演です。
上町63 20時~ 2ステージ
横浜市中区相生町5-95 トラストワンビルB1F
\3,300 / reservation\3,000 
045(662)7322

 来月は、久しぶりの「オチコチ」(是安さん、橋本くん)が3日間あります。かみむら泰一トリオ(是安さん、芳垣さん)のライブもあります。最近縄文文化に影響されて作った新曲を演奏しようと思っています。ぜひよろしくお願いします。
by taimusic | 2011-07-21 04:19 | ライブ
 ミドリトモヒデ(as)是安則克(b)楠本卓司(ds) 素晴らしい演奏でした。

ミドリさんのアルトサックス、柔らかさをベースにフリージャズとインプロバイズの要素が織り交ざった演奏は、以前聞いて知っているミドリさんの浮遊感のある演奏とは違っていて驚きでした。ミドリさんはフリージャズがベースにあるな!とさっする。またそこから独自の音楽へ突き進んでいらっしゃる。恐るべし脱力アルトサックス奏者です。長年共演をともにしている楠本さんと是安さんの2人のリズムはとてもすばらしいかった!!楠本さんとは初共演させていただきました。そのストレートな音色とリズム、深い所で土着なうねり+ねばりがある感じは、今まで聞いたことがないフィーリングでとても魅力のあるリズムでした。2人の出すリズムは揺れるとうねりの降り幅をもち、その中間を真っすぐに進んでいく推進力あるリズムで共演した感じは、はじめフリージャズを演奏しているような感がうけるが、フリージャズとは違ったものをすぐ感じた。自分にとってフリージャズとは、自己主張をぶつけ合うことがはじめにあると考えている。自己の音楽はあるが平行してそれぞれの音楽(音)が成立できる状態をそれぞれがそれぞれの範囲で認めている感じだろうか?リズムは力強く進んでいく、突き放されたかのように。されど自分の演奏したいことを演奏できる自由はある感じだ。とにかく簡単な音楽ではない。試行錯誤の中で答えをつかんだ先人(先輩)からまたジャズの奥深さを感じた。簡単ではないが面白い音楽。

 また時をおってぜひ演奏したい

オーネット&ミドリ&タイチ

かみむら泰一(ts&ss)ミドリトモヒデ(as)是安則克(b)楠本卓司(ds)

26日(木)新宿昼ピットイン かみむら泰一セッションです。

久しぶりにギターの市野元彦くんと演奏します。
ベースの是安さんとともにオリジナル、インプロを演奏予定です。

5.26thu.14:30-@新宿 Pit Inn
かみむら泰一(ts&ss)セッション
w/是安則克(b)市野元彦(g)
新宿区新宿2-12-4アコード新宿B1

¥1300(1DRINK)
03-3354-2024
by taimusic | 2011-05-24 13:50 | ライブ
 明日(2日)は横浜関内にある上町63にて
久しぶりにドラムの芳垣安洋さんとベースの是安さんと3人で演奏します。

3者3要の音,音と音が向き合い、場をシェアーし重なりはじけます。

 すばらしいメンバーと新曲を含めてオリジナルを演奏します。


5.2Mon.20:00 かみむら泰一Trio
かみむら泰一(ts&ss)是安則克(b)芳垣安洋(ds)

横浜市中区相生町5-95 トラストワンビルB1F
¥3,300 / reservation¥3,000
045(662)7322
by taimusic | 2011-05-01 15:13 | ライブ
 4月のかみむら泰一のライブ情報です。

 この度は東北関東地方で近年最大の大地震にみまわれまして、日本は大変な状況であります。
このようなとき一個人として何ができるのか?震災チャリティーライブを行ったり節電をしたりしておりますが、音楽の演奏を生業とする一人として、再度自分の音楽と向き合い自分の音楽を問うていきたいと考えております。まだまだ心の整理がつくわけではなく、まずは平常に戻るべく演奏活動をしその中で新たな方向を見いだしていきたいと考えております。

音楽が皆様の希望と力になることを願っています。

 さて本日30日は江古田Flyng Tea Potにて関西のギターリストの清野拓巳くんとDuoで演奏をします。久しぶりに彼とDuoで演奏です。即興演奏を中心に演奏します。どんな音楽が立ち現れるかいざお立ち会いください。4月中旬は名古屋、関西へ演奏に出かけます。その後は横浜エアジンにてスペシャルセッションがあります。毎月恒例のビオロンは、クリエイティブな音楽シーンにおいて内外で高い評価を受けているボーカル&ボイスの蜂谷真紀さんとのDuoです。
スタンダードジャズからオリジナル、インプロビゼーションまで取り組む蜂谷さん、それらの音楽を同じく取り組んでいる私ですが、その解釈の幅は広いです。2人でどんな音楽が作れるかとても楽しみなDuoです。

   

4.6wed.14:30-@新宿ピットイン
山下真理(vib)Quartet
かみむら泰一(ts&ss)小美濃悠太(b)永山洋輔(ds)

4.17sun.15:30-@横浜エアジン
「エアジン スペシャル」
かみむら泰一(ts&ss) 是安則克(b) 小山彰太(ds) スガダイロー(p)

4.18mon.19:30-@阿佐ヶ谷 ヴィオロン
かみむら泰一(s)蜂谷真紀(vo・voice)

4.23sat.@横浜エアジン
国島妙子(p-from LONDON)Quartet

かみむら泰一(ts&ss) 是安則克(b) 池澤龍作(ds)



名古屋、関西ツアー
4.8fri.20:00-@愛知県岡崎市SATIN DOLL
山下真理(vib)佐藤正道(p)デュオ
Guest:かみむら泰一(ts&ss)
4.9sat. 19:30-@名古屋市Lamp
山下真理(vib)かみむら泰一(ts&ss) デュオ

4.10sun. 19:00-@津市Paradox
かみむら泰一 テナーサックス ソロ&セッション
¥2,000
059-246-5008

4.11mon. 20:10-@京都CANDY
かみむら泰一(ts) 清野拓巳(g)
¥2,000

4.12tue. @神戸BIG APPLE
かみむら泰一(ts) 清野拓巳(g)
前¥2,000-当¥2,300-
078-251-7049

4.13wed. 20:00-@姫路Layla
かみむら泰一(ts) 浜村昌子(p)
078-251-7049

4.14thu.19:30- @神戸王子公園青谷音楽堂
かみむら泰一(ts) 浜村昌子(p)
¥2,000
(078)801-3984
(場所が変更になりました。お間違えなく!)

4.15 fri.20:00-@名古屋Nanya
水野啓(g)かみむら泰一(ts) Duo
052-762-9289




 東北地方太平洋沖地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに被災された方々の早期の復興と幸せを心よりお祈り申し上げます。
by taimusic | 2011-03-30 12:32 | ライブ

本日改名しました。

本日かみむら泰一トリオは「オチコチ」というバンド名に改名しました。

オチコチ かみむら泰一Sax&Effect 是安則克Bass 橋本学 Drums

 オチコチとは、遠近のことです。山水画などで三遠という意味をもちます。
あっちこっちともいいます。

 バンドとして生まれ変わった「オチコチ」どうぞよろしくお願いします。

 今日は、オチコチとして初ライブでした。
いい手応えのあるライブでした。
明後日は、入谷のなってるハウスにて、第2弾。

 ぜひ聞きにきてください。

オチコチ かみむら泰一Sax&Effect 是安則克Bass 橋本学 Drums
2.18fri.20:00- なってるハウス
台東区松が谷4-1-8 1F
Knuttel House
ochi-cochi
w/Norikatsu Koreyasu(b)Manabu Hashimoto(ds)
03-3847-2113
by taimusic | 2011-02-16 21:53 | ライブ